2015年 01月 09日

フィルムに残る蒸気機関車1-3(黒崎駅(折尾)-中間駅間) (1965.10.9)

多忙なため過去フイルム写真で失礼します。

黒崎駅(折尾駅)-中間駅間。筑豊から筑豊本線若松駅へと鹿児島本線黒崎駅への短絡線分岐付近です。
蒸気機関車が近場?では最も行き交うところで、自転車にて撮影に行きました。

学生時代、鹿児島本線は電化されましたが、筑豊はまだ蒸気機関車で石炭輸送がさかんに行われてる時代。
分岐付近では、9600,C55,D50,D60などが活躍していました。


c0346710_06194658.jpg石炭貨物。D50かD60かと思います。

従輪が1つだとD50で2つだとD60なんですが…。

c0346710_06194864.jpg当時は80系特急「みどり」は筑豊本線経由でした。

c0346710_06343324.jpg門鉄デフC55と普通列車。

のどかな時代です。



















[PR]

by marusan003 | 2015-01-09 06:30 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フィルムに残る蒸気機関車2-1...      続:雪の広島 (2015.01... >>