2016年 10月 28日

セノハチ俯瞰歩き:山歩き編(曾場ヶ城山から) (2016/10/27)

秋らしい晴天と思い久しぶりにセノハチ俯瞰撮影に出かけました。
日没もだいぶ早くなり早朝運用の後補機EF67撮影は無理なので、折角ですから八本松駅から曾場ヶ城山を経由し上大山地区の瀬野西トンネル俯瞰撮影地へと歩きました。
個人的趣味としては、線路に近いNo.22鉄塔下の岩俯瞰が車両が綺麗に写り好みなのですが、視界が良い時は稜線からの電力線分岐を少し下ったところの俯瞰が構図が良い。
と言うことで電力線監視ルート分岐下俯瞰で撮影を行いました。途中、652mピーク手前に川西トンネルが見える俯瞰がありそこでも休憩がてらに撮影しました。

FUJIFILMのX-T2ミラーレス機を買ったので、それをザックにカラビナを着けそれにぶら下げて歩きました。
首にかけると暑くくたびれますが、この方法は楽で良い。たださすがにそれプラス、ストック突いては歩きにくく、ストックはザックに入れ比較的重装備で歩きました。ストックがあると無いとでは疲れが違い、途中何度も休憩となりました(;_;)

八本松駅-戦没者供養塔-曽場ケ城三の丸跡-曽場ケ城二の丸跡-竹藪トンネル-曽場ケ城本丸跡-曾場ヶ城山山頂-549m-561m-川西トンネル俯瞰-652m-監視ルート分岐-監視ルート分岐下俯瞰(撮影+昼食)-監視ルート分岐-No.24鉄塔-公園上登山口分岐-公園上登山口-瀬野川公園-桜河内BS-(芸陽バス)-瀬野駅(以後JRにて帰路へ)

歩荷(出発時):約16kg
歩行距離:約9km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_08280392.jpg八本松駅より曾場ヶ城山方面を望む。


c0346710_08280792.jpg戦没者供養塔の大きな岩が見えそこへ向けトボトボと歩いて行きました。


c0346710_08281023.jpg戦没者供養塔。


c0346710_08281399.jpg三の丸跡だったかな?


c0346710_08281690.jpg曾場ヶ城山名物竹藪トンネル。


c0346710_08282048.jpg二の丸跡から曾場ヶ城山方面を望む。


c0346710_08282375.jpg北方面を望む。


c0346710_08282899.jpg野呂山を望む。


c0346710_08283470.jpg曾場ヶ城山山頂


c0346710_08284107.jpg上大山地区の瀬野西トンネル撮影地の鉄塔。上からNo.24,23,22鉄塔。


c0346710_08284747.jpg左No.22鉄塔。ここから直接上大山BSへ降りるのは右の谷へ降り、そこから川沿いにR2まで歩きます。
No.22鉄塔から谷間では急登で重装備ではストックが無いときびしい。
川沿いは倒木が多く何度か川を渡りながら歩きます。


c0346710_08285702.jpg歩いてきた曾場ヶ城山・東広島市街地を望む。


c0346710_08290304.jpg撮影後下山した瀬野川公園。D51が静態保存されてます。
見える稜線、下からNo.22,23そして24鉄塔。
下から岩俯瞰があり、No.22,23鉄塔の俯瞰、電力線監視ルート分岐手前に今回の撮影ポイント、分岐に出て稜線を右へしばらく降りた急登の途中にあります。
下山はNo.24鉄塔から稜線を降り鞍部にある分岐を瀬野川公園へと降ります。





c0346710_08290820.jpg



[PR]

by marusan003 | 2016-10-28 15:16 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< セノハチ俯瞰歩き:鉄ちゃん編(...      日本シリーズ第3戦 >>