まるさん徒歩PHOTO 3:SLやまぐち号・山風景など…。 (2015~)

marusan003.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 05日 ( 1 )


2017年 10月 05日

黒部源流台地:雲ノ平を歩く(2017/09/24-27) 4日目双六小屋-新穂高温泉

4日目(2017/09/27)

晴天に恵まれ北アルプスの素晴らしく景色を堪能した3日間でした。今日はいよいよ新穂高温泉まで下山。
今日もTさんと一緒に歩く。
秋の天気は定期的に変わるらしく午後から雨模様。できれば新穂高温泉まで雨無しで降りたい。
そしてここまで素晴らしい景色を見せていただいたので鏡平池で逆さ槍・穂高を撮したい。

Tさんと早足で歩き鏡平で逆さ槍・穂高も撮影できた(^_^)/
幸運な山歩きとなりました。

ワサビ平小屋でMさんにもお会いできお礼を言いお別れした。
新穂高温泉で日帰り入浴を予定していたが、Tさんから平湯温泉までバスで行きバスターミナルにある温泉を提案され変更。
露天風呂もある広い温泉で、天気が良ければ傘岳が正面にみえるとのこと。既に天気は下り坂になり傘岳は見えなかったが¥1,000の山男セット(温泉と生ビール中)で下山祝杯をした。
平湯温泉での入浴オススメですよ。
そして高山経由名古屋駅でTさんとお別れし新幹線にて広島帰着。雨が降っていたのでタクシーにて帰りました。

双六小屋5:55-7:21鏡平山荘7:39-8:11シシウドが原-9:02秩父沢出合-9:37小池新道登山口-9:52わさび平小屋9:55-10:04笠新道登山口-10:46新穂高ロープウエイBT

歩行距離:約13.5km
歩行時間:4H51M(2.8km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1

c0346710_05283653.jpg双六小屋でも夜中に起き星空を撮影。方向が悪いのか星は少なかった。

部屋に戻り布団に潜り込んだが、身体が冷えてしまい以後寝られなかった(;_;)


c0346710_05284033.jpg双六小屋の朝食。
東横インの朝食などより立派!


c0346710_05284439.jpg双六小屋前からの朝焼け。朝焼けは雨が降るということか。


c0346710_05284753.jpg双六小屋の朝食は5時から。歯磨きトイレなど済ませ5:54には小屋を出発。



c0346710_05285041.jpg穂高連峰が近づきながら大きくなってきた。

鏡平期待できるかも(^_^)/

ジャンダルムはどれだ?


c0346710_05285402.jpg槍ヶ岳もまだ雲に隠れてない。


c0346710_05290362.jpg近づく穂高連峰。


c0346710_05290849.jpg陽が昇り幻想的な風景を歩く。


c0346710_05291532.jpg鏡平が見える。





c0346710_05292420.jpg風も無く湖面に波も無いようだ。


c0346710_05292837.jpg途中でダイヤモンド槍ヶ岳が撮せるのでは!と急いだが間に合わなかった。

撮影を減らしもう少し早く降りていたら。残念至極(;_;)


c0346710_05293216.jpg紅葉の進む鏡平。



c0346710_05293935.jpg逆さ槍・穂高。
ネットで見たよりも木に隠れイマイチです。

樹木が高くなったのか他の場所からか。展望エリア以外にはロープが張ってあり違反して撮した写真を見たのか。まあそこまでして撮したくは無いのでこれで満足。

出発前から下山時は雨模様予報だったから大満足の山歩き。


c0346710_05294351.jpg雲ノ平山荘にて楽しんだ山々とお別れだ。

また歩きたいな。


c0346710_05294764.jpg中腹もかなり紅葉が進んでる。

鏡平-シシウドヶ原間にて。


c0346710_05295083.jpg同上。


c0346710_05295770.jpgそろそろ素晴らしい景色ともお別れ。

黙々と新穂高温泉へと歩く。

秩父沢出合付近にて。



[PR]

by marusan003 | 2017-10-05 21:00 | Comments(0)