<   2016年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 29日

SLやまぐち号Vol.103:重連初日5 (2016/07/23)



新山口駅到着後のグリスアップ風景。

カマを触れていいな~! なぜ国鉄に入らなかったか悔やまれます(;_;)




c0346710_10532839.jpgC571



c0346710_10533131.jpgC56 160




[PR]

by marusan003 | 2016-07-29 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 28日

SLやまぐち号Vol.103:重連初日4 (2016/07/23)

次ぎにもう一つの伴走可能場所へ。


c0346710_10501447.jpg


c0346710_10501728.jpg自転車に乗る女の子がもう少し右側だったらベストだってでしょうね。

秒3.9コマでは(;_;)







[PR]

by marusan003 | 2016-07-28 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 27日

SLやまぐち号Vol.103:重連初日3 (2016/07/23)

返し追っかけはokamさんが伴走するので流し撮りするようにと。車に乗っけていただいてる上に申し訳ないm(_ _)m

広角系はEF24-105F4IS2がモデルチェンジするらしく3万円で売ってしまい、手元にあるのは手ぶれ無しのEF24-70F2.4 2だけ。

手ぶれしまくりでした。

全てトリミングしてます。

c0346710_10441898.jpg


c0346710_10442120.jpg


c0346710_10442448.jpg





[PR]

by marusan003 | 2016-07-27 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 26日

SLやまぐち号Vol.103:重連初日2 (2016/07/23)

返し9522レの前に2カ所撮影ポイントを探しに。
1カ所目は私は4回目の挑戦でやっとokamさんんと見つけ、もう一つ挑戦しましたが時間切れ。

と言うことで接近戦です。


c0346710_10372143.jpg反対側の方が動輪が見えるのですが逆光で、こちら側からにしましたがイマイチでした(;_;)






[PR]

by marusan003 | 2016-07-26 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 25日

SLやまぐち号Vol.103:重連初日1 (2016/07/23)

久しぶりの重連初日、信州遠征山行の予定でしたが、今年は現地まだ梅雨明けせず雨天模様のため延期。

と言うことでokamさんへ連絡しSLやまぐち号重連初日撮影へ行ってきました。

大山路などがよく見える好ポイントへ初めて連れて行っていただきました。
okamさんとの俯瞰は急登・ヤブ漕ぎ覚悟のため今回は手持ち撮影で7D2+サンニッパ+EX1.4と水・食料少々と軽装で…。
目的地はロケーション良い所でしたが、あいにく少し霞んだ天気でした。

登り時はこの時期としてはあまり暑くなく快適?に歩きましたが、帰りは風向きが変わったのか暑くなり下りの方が汗だくになりました。

okamさん今回もありがとうございましたm(_ _)m

c0346710_10234969.jpg


c0346710_10235380.jpg爆煙でしたがC56が隠れたのが残念!



c0346710_10235557.jpg


c0346710_10235838.jpg





[PR]

by marusan003 | 2016-07-25 21:00 | Comments(2)
2016年 07月 21日

カープ観戦 (2016.07.21)

当日、カープ観戦に行ってきました。

球場へと歩き始めると雨が降り開会が遅れましたが、おかげで涼しくてよかったです。
息子が手配してくれた1塁側内野指定席30列目。

今年度大瀬良投手初登板で期待してましたが、1回から毎回ボロボロ点は取られるはミスは続くはで球場内はため息と「何で~?」状態でした。
カメラ撮影を楽しむこととしシャッターを押してましたら、いつの間にか同点。また後半神ってるのかなと思いましたが、延長で負けてしまいました(;_;)
皆さんお静かに帰路へ。

カメラは7D2に70-200mmに1.4エクステンダーを付けて望みましたが一脚を持って行くべきでした。筋肉痛(;_;)



c0346710_09311878.jpg大瀬良投手

個人的には大瀬良応援してるのですが、当日はボロボロでしたね。
もう少し2軍で調整した方がいいのでは。

投球ホームで手から玉が離れる瞬間をとシャッター押しまくりましたがなかなか上手くは撮れませんね。



c0346710_09312577.jpg続いてバットにボールが当たる瞬間をと狙いましたが、これもこの写真がせいぜいでした。

新井さんです。鈴木さんより最近神ってる感じですが、当日は平凡でした^^;



c0346710_09312841.jpg個人的に好きなのは1番田中背番号2。
骨太でがっちりした体格で渋い粘りが好きですね。

背番号2番で左打というのも好みです(^_^)/



c0346710_09313065.jpgライトフライをミットに収める鈴木。(少しトリミング)
秒10コマで撮っても前のショットにボールは入りません。

野球って高速なんですね。



c0346710_09313421.jpg広島市民球場のもう一つの楽しみは新幹線が見えること。

明るい内に狙ってみましたが、まわりがゴチャゴチャしてイマイチでした。


c0346710_09313755.jpg暗くなって狙ってみましたが、これもインパクト無いですね。

次回は椅子に座ってばかりおらず撮影ポイントを探してみます(^_^)/






[PR]

by marusan003 | 2016-07-21 21:00 | Comments(2)
2016年 07月 19日

宮島弥山(訓練山行Part7:単独) (2016/07/18)

北アルプス遠征を控え歩きが少ないため訓練山行を行った。(孤高の人)
当日、遠征も近くなったので頑張り過ぎてケガでもしたらと足慣らしで歩くつもりでした。
でも歩き始めると稜線まで1Hで行けるのでは?山頂までは?と途中から本気になってしまい。稜線に出たところ(アミノバイタルを飲む)、山頂(パンをかじる)だけで降りてしまいました^^;
水系は2.5L歩荷したものの0.5L飲んだだけ。本格的な夏天気ではありませんでしたが、全身ずぶ濡れ状態でした。

桟橋にてグリーンラベルを買い船の中で一人乾杯、路面電車内で手製の弁当をまわりを気にしながら食べた。

.....

どうやら梅雨が開けたようですね。でも8月近くにならないと天候が安定しなく雷雨の可能性もあるらしい。幸いにも予備日を設けてるので何とかなるだろう?
折角時間とお金をかけて体力使っていく北アルプス。日本晴れ絶景を今年もお願いしたい(^_^)/

コース・タイム:(Wストック使用)
宮島桟橋7:20-旅館岩惣7:32-8:20稜線分岐(紅葉谷分岐)8:27-8:38弥山本堂(不消霊火堂)-8:44弥山山頂8:56-9:16駒ガ林分岐-9:21大元公園分岐(焼山下)-10:10大元公園-10:28宮島桟橋

歩荷(出発時):約14.3kg
歩行距離:約8.7km
歩き:約2.8km/H
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_16103124.jpg今回は山頂写真のみです^^;

ロープウエイが運休中なためか着いた時山頂には誰も居ませんでした。
そして山行中会った人は10名ほどと静かな休日の弥山でした。まあ人に会いに行ったのじゃないからいいけど(^_^)/








[PR]

by marusan003 | 2016-07-19 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 16日

比婆山(訓練山行Part6) (2016/07/14)

訓練山行Part6として低山は暑いので比婆山へ行ってきました。
低気圧が南下し北からの風の影響でしょう秋のような涼しい天気でした。何か天気おかしいですね~!梅雨明けが心配です。

最近歩きが少ないので頑張って歩荷16kgとし体幹を鍛えるため今回もストック無しで頑張りました。

Oさん車を出していただきありがとうございました。S先輩お疲れ様でした。S先輩の歩きが早く付いていくのに必死でした^^;

コース:比婆山を初めて時計周りに歩きました。
県民の森-展望園地-立烏帽子山-池の段-越原越-御陵-烏帽子山-出雲峠-県民の森
(県民の森にて入浴後帰路へ)
※県民の森ではモンベル会員証があると入浴が¥200でした。

歩荷(出発時):出発時約16kg
歩行距離:約13km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_14063378.jpg展望園地



c0346710_14063828.jpgブナ林は心癒やされますね。



c0346710_14064095.jpgピンクのササユリが咲いてました。



c0346710_14070206.jpg


c0346710_14070520.jpg


c0346710_14070778.jpg池の段にて



c0346710_14071145.jpg遠方右は福田頭でしょう。



c0346710_14071316.jpg池の段から分岐へ戻る。
右は立烏帽子山。



c0346710_14071628.jpg



c0346710_14071940.jpg池の段手前の分岐より御陵方面を望む。



c0346710_14072134.jpg越原越への下り



c0346710_14072491.jpgイチイの木のまわりは立入禁止になり水はけを良くしてました。



c0346710_14072683.jpg


c0346710_14072916.jpg烏帽子山より猿政山を望む。



c0346710_14073262.jpg


c0346710_14073524.jpg出雲峠から県民の森へ降りる。



c0346710_14073782.jpg


c0346710_14074012.jpg


c0346710_14074381.jpg県民の森へ無事下山。






[PR]

by marusan003 | 2016-07-16 14:29 | Comments(0)
2016年 07月 08日

三瓶山周回(訓練山行Part5) (2016/07/07)

訓練山行として三瓶山を周回してきました。
当日は北アルプス登山を想定し15kgを担ぎ、体幹を鍛えるためストック無しで歩きました。
晴天だったこともあるのでしょうが、思いの外ハードな歩きでした。
特に、男三瓶から子三瓶への300m弱の下り急坂は、ガレれてることもあり岩稜歩きの訓練にはなりました^^;

三瓶山周回、景色も良くなかなか良いですね。また何時か歩いてみたいところです。
車を出していただいたS先輩、Tさん。ありがとうございました!お疲れ様でした。

広島駅から歩いて帰ってるとK先輩から声をかけられました。ありがとうございます。何とかだいぶ元の状態で山歩きできるようになりました。
またご一緒させてくださいm(_ _)m

コース。
東の原登山口-女三瓶-男三瓶-子三瓶-孫三瓶-大平山-東登山口下山(反時計回り)
※温泉「国民宿舎さんべ荘」にて入浴後帰路へ

歩荷(出発時):15kg
歩行距離:約10.5km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:2
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_19261452.jpg東の原登山口から女三瓶を望む。

スキーゲレンデは立入禁止で、ゲレンデ左の林道を上り右へトラバースしながらリフト降り場へと登ります。


c0346710_19261771.jpg女三瓶より三瓶山最高地点の男三瓶と子三瓶を望む。


c0346710_19262010.jpg登ってきた東の原のゲレンデ。


c0346710_19262322.jpg


c0346710_19262620.jpg女三瓶-男三瓶間より子三瓶・孫三瓶を望む。


c0346710_19262971.jpg男三瓶山頂。


c0346710_19263222.jpg男三瓶山頂直下の避難小屋。

登山教室の雪山山行で男三瓶へ登り、小屋右側斜面で雪洞を掘りましたが、枝にぶつかってしまい雪洞を断念。
小屋横でテントを張り吹雪の中一晩を過ごしました。
恐怖で寝られない?と思ってましたが疲れたのか爆睡でした^^;


c0346710_19263461.jpg男三瓶山頂には遠足登山?でたくさんの小中学生が登ってました。


c0346710_19263842.jpg男三瓶山頂。


c0346710_19264076.jpg


c0346710_19264300.jpg男三瓶から子三瓶へのルート上から登ってきた女三瓶を望む。


c0346710_19264696.jpg


c0346710_19264957.jpg男三瓶-子三瓶間鞍部から西の原方面を望む。


c0346710_19265282.jpg男三瓶から子三瓶への下り。

急坂でガレていて難儀しました!


c0346710_19265574.jpg子三瓶から大万木山方面を望む。

右から琴引山のゲレンデ、そこから続くなだらかな大きな山大万木山。
帰ってから1/20万地図で確認するとその左奥は猿政山のようです。


c0346710_19265705.jpgなだらかな子三瓶を歩く。


c0346710_19270062.jpg子三瓶から孫三瓶へのルート。

気持ちよい草原を歩きます。
が、下った後、約100mの急登が待ってました^^;


c0346710_19270309.jpg


c0346710_19270692.jpg


c0346710_19271084.jpg子三瓶から孫三瓶へと下る。
左の池は室の内池と呼ぶらしいですね。


c0346710_19271351.jpg西側にそびえる山々。

帰って調べてみると大江高山のよう。


c0346710_19271620.jpg歩いてきた男三瓶(右)と子三瓶(左)


c0346710_19274255.jpg子三瓶(右)と孫三瓶(左)間に浮かぶ大江高山。

富士山みたいでした。


c0346710_19274642.jpg大平山でひと休憩。

やれやれ後は下りだけです。







[PR]

by marusan003 | 2016-07-08 21:00 | Comments(0)
2016年 07月 07日

瓶ヶ森(訓練山行Part4) (2016/07/04)

訓練山行Part4として島根県の三瓶山を予定していたが当日は雨予報。
急遽晴れの四国へ日帰り遠征することに。瓶ヶ森は初めてです。

梅雨の晴れ間の瓶ヶ森を楽しんできましたが、帰路アストラムライン下車後歩いてると雷鳴が、家に着き10分過ぎ豪雨に。やれやれ助かりました(^_^)/

歩荷(出発時):約14kg
歩行距離:約3.5km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。

コース
登山口-瓶ヶ森(男山)-瓶ヶ森(女山)山頂(昼食)-氷見二千石原-瓶ヶ森ヒュッテ跡-白石小屋跡-登山口


c0346710_19503067.jpgしまなみ海道


c0346710_19503474.jpg瓶ヶ森へと歩く


c0346710_19503872.jpg石鎚山を望む。山頂小屋が見えました。

石鎚山から左奥へのルートが堂ヶ森ルート
左手前が土小屋ルート、右が成就社ルート。面河峡ルートは見えませんね。


c0346710_19504174.jpg男山山頂


c0346710_19504451.jpg振り返り男山を望む


c0346710_19504756.jpgoさんも石鎚山を撮影


c0346710_19504994.jpg女山山頂


c0346710_19505200.jpg石鎚山をバックにコバイケソウ


c0346710_19505543.jpg女山(最高地点)にて記念撮影


c0346710_19505856.jpg女山にて石鎚山をバックに昼食。


c0346710_19510000.jpg3つ峰があるところが昨年歩いた伊予富士山と思います。


c0346710_19510517.jpg氷見二千石原を下る


c0346710_19510377.jpg往路石鎚山が見えましたが、昼からだんだんガスって石鎚山は隠れてしまいました。


c0346710_19510880.jpg雲と暗部と陽が照ってるところのコントラストを楽しむ。
※氷見二千石原にて


c0346710_19511059.jpg


c0346710_19511343.jpg笹の道は四国の山の特徴です。


c0346710_19511663.jpg地図を見ながらルート確認。


c0346710_19511818.jpg


c0346710_19512095.jpgガザミ


c0346710_19512374.jpg石鎚山スカイラインにて御来光の滝(左下)と石鎚山(天狗嶽か?)を望む。

天狗嶽への直登ルートがあるようです。御来光への滝へのルートもあるようで何時か歩きたいと!


c0346710_19512571.jpg


c0346710_19512838.jpg本州へ戻ると入道雲が…。






[PR]

by marusan003 | 2016-07-07 21:00 | Comments(0)