<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

FUJIFILMのX-T2+XF18-55mmレンズキットについて(2016/10/31)

以前このブログへFUJIFILMのミラーレスX-T2を購入し撮影後の感想としてピントが甘いと書きました。

前書込ブログ

FUJIFILMさんへ問合せするなかで以下のことが分かりましたので、途中経過ではありますがFUJIFILMさんの名誉のためにも書きます。
FUJIFILMさんよりraw画像をカメラ内現像し送るよう指示されやってみてパソコンで見ると、SILKYPIX Developer Studio Pro 7で現像したよりも明らかに画像が鮮明です。

以下の画像
1.トリミング:X-T2でraw撮影しSILKYPIX Developer Studio Pro 7で現像にてjpg化。(最高画質)
2.トリミング:X-T2でraw撮影しカメラ内現像にてjpg化
3.トリミング前の元画像です。


明らかにX-T2でのカメラ内現像の方が画像が鮮明です。意外な展開にビックリ。



c0346710_14312899.jpg1.のSILKYPIX Developer Studio Pro 7にてjpg化画像

c0346710_14315677.jpg2.のX-T2でカメラ内現像にてjpg化画像

c0346710_14523091.jpg3.トリミング前の元画像です。





[PR]

by marusan003 | 2016-10-31 14:57 | Comments(0)
2016年 10月 30日

縮景園(2016/10/29)

久しぶりに縮景園に行きました。

目当てはカワセミの飛び込みシーンです。


c0346710_19470974.jpg双眼鏡でカワセミを発見。

右上の松の木から狙ってます。
少し遠い位置ですが、ここは近づきようがありません。


c0346710_19471347.jpgカメラを構えしばらくすると飛び込みました。




c0346710_19471607.jpg残念ながら獲物をくわえてませんでした(;_;)



c0346710_19472612.jpg紅葉が始まってますね。



c0346710_19472941.jpg今回もおまけの飛行機です。

JAL機と思います。






[PR]

by marusan003 | 2016-10-30 21:00 | Comments(0)
2016年 10月 29日

セノハチ俯瞰歩き:鉄ちゃん編(曾場ヶ城山から) (2016/10/27)



c0346710_08322942.jpg652mピーク東側に川上西トンネルが見えるポイントがあります。

R2が側を通りトラックの音で通過が分かりにくいです。

配6867でしょうか。下り遅延してました。




c0346710_08330146.jpg5061レかな?


c0346710_08331114.jpg227系すれ違い。

日中は227系がほとんどになりましたね。


c0346710_08331956.jpg1051レかな?

編成が綺麗!


c0346710_08332517.jpg綺麗な上に編成が長いですね~!

まさか入りきれない?と心配しました。


c0346710_08333266.jpg今回2088レを目標に歩いてきました。

6両目あたりから数両空コキだったのでトンネルで隠しました^^;


c0346710_08333630.jpg後半のコキ綺麗ですね~!

代替でEF67にならないか!と願いましたが押し太郎でした。

c0346710_07185693.jpgおまけ。

中国東方航空のようです。





[PR]

by marusan003 | 2016-10-29 21:00 | Comments(0)
2016年 10月 28日

セノハチ俯瞰歩き:山歩き編(曾場ヶ城山から) (2016/10/27)

秋らしい晴天と思い久しぶりにセノハチ俯瞰撮影に出かけました。
日没もだいぶ早くなり早朝運用の後補機EF67撮影は無理なので、折角ですから八本松駅から曾場ヶ城山を経由し上大山地区の瀬野西トンネル俯瞰撮影地へと歩きました。
個人的趣味としては、線路に近いNo.22鉄塔下の岩俯瞰が車両が綺麗に写り好みなのですが、視界が良い時は稜線からの電力線分岐を少し下ったところの俯瞰が構図が良い。
と言うことで電力線監視ルート分岐下俯瞰で撮影を行いました。途中、652mピーク手前に川西トンネルが見える俯瞰がありそこでも休憩がてらに撮影しました。

FUJIFILMのX-T2ミラーレス機を買ったので、それをザックにカラビナを着けそれにぶら下げて歩きました。
首にかけると暑くくたびれますが、この方法は楽で良い。たださすがにそれプラス、ストック突いては歩きにくく、ストックはザックに入れ比較的重装備で歩きました。ストックがあると無いとでは疲れが違い、途中何度も休憩となりました(;_;)

八本松駅-戦没者供養塔-曽場ケ城三の丸跡-曽場ケ城二の丸跡-竹藪トンネル-曽場ケ城本丸跡-曾場ヶ城山山頂-549m-561m-川西トンネル俯瞰-652m-監視ルート分岐-監視ルート分岐下俯瞰(撮影+昼食)-監視ルート分岐-No.24鉄塔-公園上登山口分岐-公園上登山口-瀬野川公園-桜河内BS-(芸陽バス)-瀬野駅(以後JRにて帰路へ)

歩荷(出発時):約16kg
歩行距離:約9km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_08280392.jpg八本松駅より曾場ヶ城山方面を望む。


c0346710_08280792.jpg戦没者供養塔の大きな岩が見えそこへ向けトボトボと歩いて行きました。


c0346710_08281023.jpg戦没者供養塔。


c0346710_08281399.jpg三の丸跡だったかな?


c0346710_08281690.jpg曾場ヶ城山名物竹藪トンネル。


c0346710_08282048.jpg二の丸跡から曾場ヶ城山方面を望む。


c0346710_08282375.jpg北方面を望む。


c0346710_08282899.jpg野呂山を望む。


c0346710_08283470.jpg曾場ヶ城山山頂


c0346710_08284107.jpg上大山地区の瀬野西トンネル撮影地の鉄塔。上からNo.24,23,22鉄塔。


c0346710_08284747.jpg左No.22鉄塔。ここから直接上大山BSへ降りるのは右の谷へ降り、そこから川沿いにR2まで歩きます。
No.22鉄塔から谷間では急登で重装備ではストックが無いときびしい。
川沿いは倒木が多く何度か川を渡りながら歩きます。


c0346710_08285702.jpg歩いてきた曾場ヶ城山・東広島市街地を望む。


c0346710_08290304.jpg撮影後下山した瀬野川公園。D51が静態保存されてます。
見える稜線、下からNo.22,23そして24鉄塔。
下から岩俯瞰があり、No.22,23鉄塔の俯瞰、電力線監視ルート分岐手前に今回の撮影ポイント、分岐に出て稜線を右へしばらく降りた急登の途中にあります。
下山はNo.24鉄塔から稜線を降り鞍部にある分岐を瀬野川公園へと降ります。





c0346710_08290820.jpg



[PR]

by marusan003 | 2016-10-28 15:16 | Comments(0)
2016年 10月 26日

日本シリーズ第3戦

日本シリーズ第3戦。札幌まではよー行かんのでTVにて観戦。

いや~ストレス貯まりました! 寝付きも悪かった。
最近勝ってばかり?でしたから。


黒田さんお疲れ様でした。あと1打席投げたかったことでしょう。


今日は

「絶対 勝つぞ カープ!」


c0346710_18184294.jpg※写真は日本シリーズとは関係ありません。


公式戦最終戦の黒田投手。








[PR]

by marusan003 | 2016-10-26 18:26 | Comments(0)
2016年 10月 25日

2016日本シリーズ第2戦その1 (2016/10/23)

引き続き第2戦です。

カメラ2台で計1,500ショットも撮影してしまい後作業が大変。
レタッチソフトで先ずはコントロールAキーで全てを選び全て削除対象へ。それから画像を一つ一つ見ていき良さそうなのを削除対象から外す。家での作業はそんなことから始まります。
当日は気になったシーンがピントがしっかり合ってるか露出は?程度でおしまい。

結局、一番の問題は腕、そして機材の貧弱さ。
と言っても機材グレードアップは貧乏人には無理ですし、長玉は観客席では無理。第2戦、EOS7D2にEF70-200mmF2.8Ⅱ+EX1.4でしたが前のお客さんの頭に当たってしまいましたm(_ _)m

本題の試合の話しです。
9回表、大谷代打で盛り上がりましたが、個人的には??です。

試合は9回で1-5で日ハムの負け試合。2走者で大谷がホームラン打っても4-5。日ハムが勝つ可能性はかなり低い。
残り試合を考えると大谷投手には絶対勝ちが要求される。そんな時に代打で出す??
デットボールくらったり走ってる時にケガでもしたら日ハムの優勝はますます遠のきます。

さて黒田さん。第3戦有終の美を飾ってくださいm(_ _)m



c0346710_05185461.jpg今回は3塁からの応援です。


c0346710_05190364.jpgライト鈴木の捕球。
この記者席の2列目後に昨日は居ました。


c0346710_05190411.jpg本塁走者シーンは球のスピードが落ちてるからか割と楽でした。


c0346710_05190714.jpg残念ながらアウト


c0346710_05191417.jpg縦奥方向への玉移動シーンは楽です。当たり前ですが^^;


c0346710_05201736.jpg外野フライの撮影は、レンズの移動となぜかタイミングが合わなく結構難しい。

大したシーンでは無いですが。


c0346710_05202665.jpgエルドレットホームランシーン。
この後レンズを振りましたが全く間に合いません。
下手な上に観客が立ったり応援棒を振ったりで。言い訳ですが。

1戦、2戦と連続ホームラン。

現時点MVP最有力かな。


c0346710_05203199.jpg内野席最上段から。

ピッチャー2番手今村。


c0346710_05183253.jpg7回表。ジェット風船を膨らまし準備中。


c0346710_05184537.jpg第1戦でカープオフィシャルカメラ女子がフラッシュにビニール袋をかぶせシャッターを押してました。

それだ!
とまねをしましたが…。

今回も納得できない。

まあデーゲームだとそう苦労はしないのでしょうが…。


c0346710_05205981.jpg押さえ3番手。ジャクソン


c0346710_05203527.jpg今回もピシャリと押さえ笑顔でベンチへ。
3塁側からは見えなく残念。




c0346710_05210312.jpg3塁側カメラ席。

ここだったら応援棒に邪魔されないな。


c0346710_05210887.jpg9回、代打大谷。


c0346710_05211304.jpg勝った後のおきまりトリプルジャンプ


c0346710_05211683.jpgお立ち台。今日は勝利投手野村。

フラッシュの嵐でしたが、静止画でそれを収めるのは難しいですね。
シャッター速度を1/80まで落し、そうとうシャッター押しましたが2灯が最高でした(;_;)






[PR]

by marusan003 | 2016-10-25 12:00 | Comments(0)
2016年 10月 24日

2016日本シリーズ第2戦その1 (2016/10/23)

1戦に続き応援に行ってきました。

たくさんシャッターおしてしまいとりあえず気になったショットです。

6回裏。2塁田中で菊池がバント姿勢から強打でヒット、田中広輔がホームへ突っ込みクロスプレイ。アウト判定がビデオ判定となり結果はセーフ。

運良くこのシーンをシャッター押してました。ビデオ判定中プレビューで見ると明らかなセーフ。
まわりの人に見せて「セーフだ!」と
この判定は優勝を左右するかも。

息子にこれが撮れただけでも行った価値があったと言うと「自己満足の世界じゃない!」と^^;


前置きが長くなりましたがそのシーンです。

トリミングしてます。


c0346710_22220767.jpg追いタッチですしあきらかにタッチできてない。

左の黒い部分は前の観客の応援棒です。



c0346710_22221328.jpg


c0346710_22221701.jpg





[PR]

by marusan003 | 2016-10-24 22:40 | Comments(0)
2016年 10月 23日

2016日本シリーズ第1戦(2016/10/22)

日本シリーズ第1戦応援に行ってきました。14時頃には雨が上がると思ってましたが、なかなか上がらず小雨の中を球場へ。
試合中雨が止んでる時もありましたが、細かい雨の中の試合でした。

今回はレフト側外野前から6列目。
カメラマン席2列後で、カープ応援の合間にプロカメラマンがどんなことやってるのか、どんな装備で仕事してるのかを見てました。

日ハム大谷先発ですから、勝っても苦しんで接戦でと想像してましたが、以外や大谷途中降板で5-1と日ハムの良いところほとんど無く、1回など序盤を除きカープペースの試合でした。
初戦ですし、大谷先発で勝て日本一へ確かな一歩!

これで今年6回目のカープ応援ですが5連勝(^_^)/


c0346710_09173226.jpg開幕前のセレモニー


c0346710_09173700.jpgレフト側外野からはピッチャーマウンドが照明の反射などで見にくく、インパクトの無い構図。言い訳。

ピッチャー大谷。


c0346710_09174183.jpgこれもランナー大谷。


c0346710_09174413.jpgコーンコースを移動しながらポイントを探し


c0346710_09174782.jpgセンターフライ


c0346710_09175121.jpg


c0346710_09175582.jpgレフト鈴木誠也

後ろから見ても格好いい!

このところ神ってなく 頑張れ!!


c0346710_09180028.jpgライト側外野から12-24mmレンズにて


c0346710_09180534.jpgTVでここ?の位置からジェット風船を。と言うことで行ってみました。
もう少し風船が多いのを見たことあるので今日も納得できません。

HDR処理してます。

右下にはカープオフィシャルカメラマン女子が撮影してました。
う~ん。機材で負けてる! 明日は私も同じ機材で!


c0346710_09180842.jpg2列前がカメラマン席でした。
一番長玉はロクヨンではなくゴウヨンかな?
三脚・雲台はハスキーが多かったです。

レンズ用のレインカバー着けて、ビニールかけ機材守るのも大変ですね。


c0346710_09181220.jpg1DX2?ボデーの左からケーブルが出てたので想像ですが。
有線LANでノートパソコンとネットで繋ぎ、撮影した画像をノートパソコンで選び編集し携帯で送る。
画像をプレビューで見てトリミングしたりキー入力(シーンの説明?)されてました。

試合終了後聞いてみようと思いましたが、試合後も忙しくされてたので止めました。


c0346710_09181659.jpg2戦目も勝ちましょう。

応援に行きます。





[PR]

by marusan003 | 2016-10-23 09:51 | Comments(0)
2016年 10月 21日

鳥取県中部で地震(2016/10/21)

鳥取県中部地域で今日(10/21)午後かなり大きな地震。

地域の皆さんがご無事であるこをと願ってます。余震もあるとのことですからどうぞ気を付けてください。

広島でもエリアメールがあり、かまえてると部屋(マンション)がゆらゆら揺れました。
朝から鳥取県中部で地震情報が流れてましたので、まさか倉吉市周辺では?と心配しましたらその地域でした。
私はその地域に仕事で約30年住んでいて、昔から何度か地震を経験したことあります。

長年住んだことのある地域の被災を見るのはつらいです。

来週、大山のマイナールートをYさんと歩く約束をしてました。
彼から「ナイフリッジが不安定なことも予想される」ので来年にしましょうとメール。
そうです。こんな時に浮き石が多い不安定な大山を歩くべきでは無いです。

追伸:
・子供の友達の実家。怖くて家には入れず家具など無事か分からないと。避難所などへ行かれるのでしょうか。
(10/22朝追記)
・友人達とのメーリングリストが残ってたので連絡を。
 教員の方は、学校が避難所二なり対応されてるようす。100名以上が非難されてる。
 もう一人の方は、家の中が散乱、隣の家の瓦が動いたり。車中泊するそうです。



c0346710_05025206.jpg気象庁の資料です。

個人的な調べですが(気象庁の発表ではありません)
震央分布図の東郷池と岡山県県境の位置関係から、震源は三朝町のように見えます。(個人的な感想です)
TVではあまり三朝町の報道がされなく心配です。










[PR]

by marusan003 | 2016-10-21 16:13 | Comments(0)
2016年 10月 19日

ベニマンサクの紅葉(2016/10/18)

カープへうつつを抜かしてました。
日本シリーズまで間があるので本来業務の1つ山徘徊へ!

そろそろベニマンサク紅葉の時期と撮影に出かけました。
暑い日が続き、紅葉はやっと始まったというところ。出会った撮影者の話では2日前全然ダメだったと。やっと紅葉が始まったばかりでしたが幸いでした。

今年の紅葉イマイチな予感がします。最盛期を待ってると不十分なまま紅葉が終わってしまいます。

カメラは5D2,7D2そしてX-T2とレンズ4本をザックへ。
さすがに古くなった5D2は設定変更が7D2に比べて非力で、メイン7D2でサブX-T2での撮影でした。

上峠BS-ベニマンサク湖(往復)

歩荷(出発時):約16kg
歩行距離:約9km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。


c0346710_05433432.jpg以下X-T2

右、大野権現山でしょうか。


c0346710_05434070.jpgやっと色好き始めたところです。


c0346710_05434478.jpgベニマンサク湖


c0346710_05434892.jpg渋い紅葉もベニマンサクの魅力。


c0346710_05435265.jpg以下7D2

ベニマンサクの花。
とても小さな花です。




c0346710_05435596.jpg葉脈が綺麗


c0346710_05435992.jpg紅葉時期に花が咲き、実が残ってる。それがベニマンサクの魅力。


c0346710_05440240.jpg一脚を調整しながら構図を決めシャッターを押して


c0346710_05440574.jpg今年の紅葉は遅くイマイチですが、何度も撮影に行きましたが、今年の花の量は凄い。





[PR]

by marusan003 | 2016-10-19 21:00 | Comments(0)