<   2016年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 30日

SLやまぐち号Vol.110 9522レ(2016/11/19)

ラストラン前日の返し9522レは初めて白直俯瞰へ。幸いにも雨は下山途中で助かりました。

この時期日没が早く途中からヘッドランプでの下山となりました。初めて使いました。



c0346710_10550038.jpg※X-T2


c0346710_10550333.jpg※5D2


c0346710_10550627.jpg白煙がまっすぐ残ってくれました。白煙好き(^_^)/

※7D2





[PR]

by marusan003 | 2016-11-30 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 29日

SLやまぐち号Vol.110 9521レその2(2016/11/19)

追っかけて徳佐S先へ



c0346710_10513051.jpg左にススキ、右に草紅葉…。どちらもイマイチではありましたが、良い感じで9521レ。





c0346710_10513380.jpgしかし何故か今日は徳佐Sを爆走。
5D2+70-200からX-T2に持ち替えてと考えてましたが間に合いませんでした^^;

ラストラン前日でサービスでしょうか機関手が手を振ってましたね。





[PR]

by marusan003 | 2016-11-29 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 28日

SLやまぐち号Vol.110 9521レその1(2016/11/19)

SLやまぐち号も2016ラストランとなりました。
折角ですから1泊で土日と出かけokamさんの車に両日乗せていただきm(_ _)mアンドロメダさんとも複数箇所でご一緒しました。

折角1泊でと意気込んだのですが、両日とも曇天予報。今年は鉄ちゃんも山行でもこんなことばかりです^^;

1日目の往路9521レ、雲が低く霞もある状態。とりあえず安全策として二反田直線へ。



c0346710_10455049.jpg


c0346710_10461209.jpg※以下X-T2


c0346710_10461640.jpg







[PR]

by marusan003 | 2016-11-28 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 22日

大変残念です。


報道で渡辺勝俊さんの訃報を知りました。こころよりお悔やみ申し上げます。残念です。


渡辺さんには、私が担当していた例会の趣旨に賛同いただき、先頭を歩いていただくなど大変お世話になりました。
2015年11月07日の向山・最早山(三段峡)例会でご一緒させていただいたのが最後だったと思います。

1週間程度新たなブログ掲載を自粛します。

2016SLやまぐち号ラストランなどについては後日掲載します。


c0346710_09134367.jpg寒風山に向け私の前を歩く渡辺さん。

※2015年10月28日








[PR]

by marusan003 | 2016-11-22 09:00 | Comments(0)
2016年 11月 18日

漠雪の滝俯瞰(2016/11/16)

セノハチ俯瞰撮影から下山し、次は昼から順光になる漠雪の滝近くの俯瞰へ。を予定してましたが、少し霞んではいるもののところどころ薄曇り程度の快晴。
この程度の雲では影はできないだろうと、以前雲の影に泣いた広間空港近くの漠雪の滝が見える俯瞰へ。


※列車名は時間からの推測です。

c0346710_15094647.jpg広角で列車が小さくなりますが、折角の好天に空を入れて…。

※8053レor8059レ
※X-T2



c0346710_15095060.jpg列車名不明

残念ながら松が2本ほど伸び、長編成は入らなくなってしまいました。




c0346710_15095532.jpg2本のイチョウの木がありましたので漠雪の滝とセットに。

※2088レ



c0346710_15100095.jpg※1056レ



c0346710_15100311.jpg最初の写真と同じ8053レor8059レ

たかが貨物列車ですが貨物車両の色が違って楽しい。





[PR]

by marusan003 | 2016-11-18 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 17日

セノハチ監視ルート分岐下俯瞰(2016/11/16)

紅葉のセノハチ俯瞰してきました。

車で瀬野川公園上側の登山口まで来ると夜明け前。1台の車が止まってたので「もしや?」とお声をかけたら、同じ紅葉セノハチ俯瞰狙いの方でしたのでご一緒させていただきました。
高低差約400mを2度休憩し目的の曾場ヶ城山-水ヶ丸山間から下る電力線監視ルート分岐を少し降りた俯瞰へ到着。
10時頃まで撮影を楽しみ、ご同行いただいた方は1日ここで撮影するとのことでしたので一人で下山し、もう一つの目的漠雪の滝撮影へ。

当日は雨上がりで冬型気味、抜けるような晴天を期待しましたが少し霞んでました。紅葉は丁度良いころでした。

歩行距離:往復約4Km
高低差:約400m

※以下列車名は予想です。遅延などあれば違ってます。

c0346710_14342470.jpgセノハチ後補機EF67も3/26ダイヤ改正から減ってしまい。しかも深夜・早朝のみとなってしまいました。
一番遅いEF67補機運用の1052レは8時頃通過予定。それに間に合うように登りましたが、予想通り瀬野西トンネル付近は影でした。

※1052レ


c0346710_14342701.jpgこんな感じです(;_;)


c0346710_14343150.jpg西条駅で解放され、単機回送で戻るEF67-100台。気付くのが遅れました(;_;)

※単585


c0346710_14343549.jpg※1519M


c0346710_14350595.jpg※1091レ?


c0346710_14343939.jpg※2075レ



[PR]

by marusan003 | 2016-11-17 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 16日

紅葉の宮島(2016/11/11)

早いとは思いましたが紅葉の宮島を歩いてきました。

五重塔周辺を撮影し大聖院ルート途中にある東屋へ。
三脚を置き、晴れるのを待ちながら昼食を取ってると2人の女の子がウクレレを持って登ってきました。「おじさん。好きな歌あれば演奏するよ!」
思いつかないので^^;「得意なのを聴かせて!」とお願い。
聴いたことある曲を弾いて歌ってくれた。拍手。「そう言えば、昔は山に登ったら歌を歌ってたけど、最近全く歌わないね!」

最近すれ違って「こんにちは!」と言っても返事が無い登山客もあったりする。今日は、久しぶりに楽しいひとときでした(^_^)/



c0346710_06312715.jpg晴れるのを待ち撮影。

朱色の五重塔。塗り替えしたのは確か10数年前。だいぶ色あせてきましたね。


c0346710_06321280.jpgもみじ谷のここのポイント好きです。

丁度女性が硝子に反射してました。


c0346710_06321474.jpg大イチョウの黄葉最盛期はもう少し先でした。


c0346710_06321750.jpg目が目に留まりました。


c0346710_06322016.jpg今回この木が一番紅葉最盛期でした。

まだ全くなのや場所によっては紅葉せずに枯れてるようなのもありました。


c0346710_06322617.jpg大鳥居も色あせてきてインパクト少し弱かったです。

まだ塗り替えないのかなぁ~!


c0346710_06323021.jpg当日は中潮でした。満潮約50分後




c0346710_06323415.jpg今回、大イチョウが少し小ぶりに感じた。もっと黄色になれば大きく見えるのかな?


c0346710_06323898.jpg下山した時には潮が満ち始めて大鳥居下まで行けませんでした。


c0346710_06324468.jpg厳島神社は昼遅くになると逆光になら無くて良いですね。

ライブがあるのか櫓を組んでました。








[PR]

by marusan003 | 2016-11-16 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 15日

縮景園連チャン(2016/11/10)

前日よく飛び込んだので翌日も行ってみました^^;

ですがそう世の中甘くは無いですね(;_;)


c0346710_20101490.jpg本日は休憩モード?



c0346710_20101964.jpg鳴き声がするが姿が見えず。

双眼鏡で探すと居ました。休憩時間?



c0346710_20102325.jpgISOを落しライブビュー10倍表示にしマニュアルにて撮影。

遠いので私の機材ではこれが限界(;_;)



c0346710_20102657.jpgショウビタキの雄かな。






[PR]

by marusan003 | 2016-11-15 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 14日

引き続き縮景園(2016/11/09)

この日、縮景園でカワセミを少なくとも2羽見かけました。くちばしの下がオレンジの雌と上と同じ雄がいましたから。

今までで一番飛び込んでくれましたが、今、縮景園に飛来するカワセミは移動が多く、そのたびに三脚を肩に担いで移動です。

c0346710_19271316.jpgひなたぼっこでしょうか。



c0346710_19271752.jpg構図的には良かったのですが遠いのと獲物をくわえてない(;_;)



c0346710_19272530.jpgこれも残念ながら(;_;)



c0346710_19280756.jpg飛び上がる前のポーズ?



c0346710_19281032.jpg飛び込むところではありますがまあまあかな。



c0346710_19281273.jpg少しボケてますが陰が写ってるので



c0346710_19281676.jpg近場から飛んで行き、カメラ移動するか思案してる時に飛び込みました。

小さな獲物をくわえてるようです。

あまり価値の無い画像ですが、私には初めての捕獲シーンです。

引き続き頑張りまっす(^_^)/






[PR]

by marusan003 | 2016-11-14 21:00 | Comments(0)
2016年 11月 13日

吉松山・白岳山・螺山を歩く(2016/11/07)

S先輩と吉松山・白岳山・螺山(つぶやま)を歩いてきました。5年以上前のことでしょうか?Kさんから白岳山の事を聞いていましたが行かず仕舞い。
S先輩から白岳山の名前を聞き喜び勇んでご同行させていただきました。

白岳山は先日歩いた石灰山と同じく石灰石採掘場跡がある山。
広駅から吉松山を経由し白岳山そしてついでに螺山と低山ではありますが三座歩いてきました。
三座とも瀬戸内に近い山ですが、残念ながら海が見えるところは少なかったです。
広駅から船津八幡神社を経て登山口までは舗装道路、仁方第一トンネル西口から白岳山登山口までも舗装道路、白岳山へはルートを調べておいた方が良いです。
小坪峠から螺山までは舗装道路、螺山から広駅までの下山は下部がルートが分かりにくくしかも滑りやすい急登でした。


JR呉線広駅-船津八幡神社-登山口-吉松山山頂-265m-登山口-仁方第一トンネル西口-(R185)-白石交差点(渡る)-登山口-採掘場跡堰堤-白岳山山頂-小坪峠-(車道)-螺山山頂-(下部難路)-登山口-JR呉線広駅


歩荷(出発時):13kg
歩行距離:12km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:2
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。



c0346710_06465969.jpg中央の山が吉松山。左は野呂山系の膳棚山でしょうか?

※白岳山-小坪峠ルート上から


c0346710_06470540.jpg白岳山

※船津八幡神社側登山口-吉松山間にて


c0346710_06470887.jpg螺山

左鞍部が小坪峠で山頂までは車道です。

※船津八幡神社側登山口-吉松山間にて




c0346710_06471265.jpg吉松山を望む。

※広駅-船津八幡神社間にて


c0346710_06471536.jpg船津八幡神社


c0346710_06471808.jpg吉松山へのルート上から白岳山(左)・螺山(右)


c0346710_06472217.jpg白岳山山頂から瀬戸内海を望む。


c0346710_06472672.jpg白岳山の採石場跡堰堤を渡る。


c0346710_06472945.jpg採石場跡

逆光で見えにくいですねm(_ _)m


c0346710_06473378.jpg白岳山山頂

三等三角点がありました。


c0346710_06473694.jpg螺山山頂

TV局のアンテナでした。


c0346710_06474087.jpg広駅から白岳山を望む。
















 
c0346710_06474351.jpg同じく広駅から螺山を望む。






[PR]

by marusan003 | 2016-11-13 21:00 | Comments(0)