まるさん徒歩PHOTO 3:SLやまぐち号・山風景など…。 (2015~)

marusan003.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山 ( 148 ) タグの人気記事


2017年 09月 16日

白木山へ訓練登山 (2017/09/13)


0mからの富士山を終えてから山歩きに気合いが入って無く…、天気も良さそうなので訓練を兼ね白木山を歩いてきました。
カメラをミラーレス(X-T2)にし100-400ザックに入れて。約1.5kg軽くなってるのはありがたい。

天気は良かったが雨上がりなので湿度が高く汗ダラダラ。登山口から山頂まで1H45M。タイムはもう少し涼しくなってから頑張ろう。

四国の山々が見えるのを期待しましたが残念でした。

訓練を兼ねて中深川駅まで歩く。

JR白木山駅-白木山登山口-白木山山頂(888.9m俯瞰撮影)-743m峰-福永分かれ-776m峰-758m峰-JR中深川駅


登山日:2017/08/13
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約15kg
歩行距離:約11km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:2
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):40点
※視界・晴れ間等。


c0346710_05192349.jpg宮島弥山



c0346710_05192822.jpg可部地区。

手前の山にはまだ豪雨災害の爪跡残ってますね。



c0346710_05194019.jpg中深川への下山ルートにて広島と宮島弥山を。







[PR]

by marusan003 | 2017-09-16 21:00 | Comments(0)
2017年 09月 13日

SLやまぐち号Vol.122 8522レ (2017/09/10)


復路も未歩の俯瞰へ。汗だらだらでokamさん先導で俯瞰地へ到着。

ここも煙も音も控えめでした。

c0346710_10365562.jpg


c0346710_10365940.jpgオハ35系4000台の客車。遠くから撮ると派手さがなくて良いですね。

最近は全国でSLが走ってますが、最も昔に近い雰囲気(^_^)/

今回は、煙や音に恵まれませんでしたが 次回こそは!!




[PR]

by marusan003 | 2017-09-13 21:00 | Comments(4)
2017年 09月 12日

SLやまぐち号Vol.122 8521レ (2017/09/10)

久しぶりにokamさんとSLやまぐち号撮影へ。途中から車に乗せていただき今回もお世話になりました。
今回は往路・復路とも未踏の俯瞰へ。

結局、okamさんがいたからこそ俯瞰へ到着。一人だったらたぶん撤退してたと。


往路8521レ、思いの外難路でしたが何とか到着。

この場所としては経験無い薄煙でした(;_;)


c0346710_10365178.jpg
残暑らしい走行風景?






[PR]

by marusan003 | 2017-09-12 21:00 | Comments(2)
2017年 09月 11日

【ビデオ】富士山お鉢回り (2017/08/25)


0mからの富士山登山。山頂到着後時計周りにお鉢回りしました。

暇な時にでも観て下さい(^_^)/




[PR]

by marusan003 | 2017-09-11 21:00 | Comments(0)
2017年 09月 09日

【ビデオ】宝永山(富士山) (2017/08/25)


先日歩いた0mからの富士山。
ゆっくりビデオを撮る余裕がありませんでしたが、宝永山を歩いたところを編集しました。





[PR]

by marusan003 | 2017-09-09 21:00 | Comments(0)
2017年 09月 01日

海抜0m田子の浦から富士山山頂へ(村山古道を歩く)その5 (2017/08/26)

0mからの富士登山。いよいよ下山です。

山小屋は全員4時起床で、朝食を取り富士吉田ルートからスバルライン五合目まで降り、河口湖経由で帰路へ。

ところが山小屋を出ると外は強風+ガス。お鉢を富士吉田ルートへ行こうと尾根へ出るとすごい風です。
こんな強風は人生経験ありません。スワミベルトやスリング・カラビナは持参。張ってあるロープ沿いに…。いやいや止めた方がよい。

山頂はそんな状態にもかかわらず登山者はどんどん登ってきます。
子供からお年寄りまで、透明なビニールカッパや半袖だけの人もいます。状況が悪くなれば低体温症になるのではと思うほど…。ある程度山歩きし装備もそれなりにしてきてる自分ですら「さてどうしよう?」な状況に頂上の状態には驚きました。

混雑する山小屋内へ何とか入り込みレインウエア・スパッツを着け。さてどうしよう?

風向きから御殿場ルートが一番風が弱いのではと考え、御殿場下山口へ行き、登ってくる登山者に状況を聞く。
8合目に山小屋があるのでそこまで降り、状況を聞き判断することに。

赤岩八合館にて「宝永山経由で富士宮口六合目へ降りたいがどうでしょう?」と聞くと、「宝永山馬ノ背が強風で通れないかも。その場合は御殿場口へ降りなさい」とアドバイスをいただきました。

赤岩八号館おかみせんが言われるように宝永山馬ノ背は強風。危険なため途中で引き返し御殿場口へと下山。

4日目(8/26) 頂上富士館-御殿場口(御殿場口頂上-富士吉田口間強風のためルート変更)
御殿場口頂上-御殿場口下り六合-宝永山馬ノ背(強風のため突破不可。御殿場ルートへ変更)- 御殿場ルート(下山道・大砂走り)-大石茶屋-御殿場口新五合目-以下バスにて水ヶ塚公園経由で新富士駅-以下、(こだま)-新大阪駅-(ひかり)-広島駅

4日目
歩荷(出発時):約13.5kg
歩行距離:約10km
歩行時間:悪条件なため省略
タフ度:1
危険度:4(強風で大変でした)

※富士山は山小屋の評判が良くない、登山者が多く、初めての本格的登山が富士山。などを聞いてました。

今回、4日目頂上で経験したことですが、富士山登山での安全安心、そして危機管理と言うものはどうなってるのだろうとはなはだ疑問に感じました。重大事故が発生しないうちに、入山制限や入山禁止、そして一部山小屋への指導などなど。行政や山に関係する組織が取り組まれることを切に望みます。

折角ブログを見に来ていただいた方にはかたい話ですみませんm(_ _)m


c0346710_10003263.jpg宝永山・御殿場口分岐手前にて。

これ以前は強風のため写真を撮ってません。


c0346710_10005145.jpg宝永山馬ノ背強風で断念し御殿場登山口へと下る。


c0346710_10010268.jpg御殿場ルートの大砂走り。

軽くかけるように降りました。

ここから見ると頂上はガスってるが素晴らしい天気。

にしか見えない。



c0346710_10011278.jpg予定外の御殿場ルート下山となりましたが、富士山の雄大な裾野を歩くことができました。




[PR]

by marusan003 | 2017-09-01 21:10 | Comments(0)
2017年 08月 31日

海抜0m田子の浦から富士山山頂へ(村山古道を歩く)その4 (2017/08/25)

3日目は富士宮口六合目からいよいよ山頂へ。折角ですから宝永山経由にしました。
足もかなり疲れてきたので、途中の山小屋で食事をし水を補給しながら歩く。
山頂到着後、お鉢巡りをしました。

3日目(8/25) 富士宮口6合目-富士山山頂
富士宮口六合目一火口縁-宝永第一火口-宝永山-宝永山馬ノ背- 御殿場口六合目-御殿場口七合目-御殿場口七合四勺・わらじ館-御殿場口七合五勺・砂走館- 御殿場口七合九勺・赤岩八合館-御殿場口八合目-御殿場口頂上-富士山山頂-(お鉢巡り時計周り)-富士吉田口頂上-御殿場口頂上(頂上富士館泊)


3日目歩荷(出発時):約13.5kg
歩行距離:約8.5km+2.5km(お鉢巡り)
歩行時間:5H03M(1.5km/h)
タフ度:2(3日目で疲れがたまりました)
危険度:1



c0346710_03422208.jpg宝永山。

宝永山は江戸時代宝永年間に噴火し江戸まで火山灰に覆われたようだ。

新田次郎の小説「怒る富士」で詳しく知った。

美し姿で来て良かった。

もう少し広角なレンズが欲しい。


c0346710_03422731.jpg上から見た噴火口跡



c0346710_03423252.jpg富士山山頂側



c0346710_03423806.jpg御殿場口コースへ入り度々休憩しながら山頂へと歩く。



c0346710_03424255.jpg七合四勺・わらじ館へ到着。

朝食の量が少なく腹が減ってきたので何か食べることに。



c0346710_03424719.jpg¥800か!背に腹はかえられないので金ちゃんヌードルを注文。

沸点が低いので、普段より長く4~5分待ってください。とのこと。

少しぬるかったが、バイトの女の子は親切で良かったです。(^_^)/



c0346710_03425223.jpg頂上近くになると土の色が赤くなる。

やはり富士山は火山だ!



c0346710_03425623.jpg御殿場口頂上が見えてきた。あと少し!!



c0346710_03430361.jpgやっと頂上浅間大社奥宮へ到着。

登山客が多く、少ない時を狙ってシャッターを押す。



c0346710_03430953.jpg早速お鉢巡りへ

荷物運搬用の大きなキャタピラ車が来てビックリ。



c0346710_03431618.jpgやっと3776m山頂へ到着。

0mから3日かけて登った!

日本じゃこれ以上の高低差は歩けない。満足満足(^_^)/

何か食べる物売ってるかと期待してきたが、有るのは無人?の気象庁観測設備だけでした。

やむなくお鉢巡りし富士吉田側で何か食べよう。


c0346710_03432057.jpg山頂よりお鉢を撮影。

やっぱりフルサイズ換算28mレンズじゃ入らない。

ビデオで撮影したのでいつか公開します。



c0346710_03432457.jpgお鉢巡りの途中から。

右高いところが山頂。


c0346710_03432934.jpgお腹を減らしやっと富士吉田口側到着。

山口屋支店で味噌ラーメンを注文。¥900だったかな。

少し辛かったが塩分不足してるだろうから汁まで全て飲み干しました。



c0346710_03433555.jpg宿泊予約の頂上富士館まで戻ってきました。

平日なのにたくさんの登山客。



c0346710_03434163.jpg夕焼けは?と外に出てみましたら影富士が!!

ラッキー(^_^)/



c0346710_03434579.jpg折角の影富士ですが、皆さん山小屋で休憩?

もったいないな~!




[PR]

by marusan003 | 2017-08-31 21:00 | Comments(0)
2017年 08月 30日

海抜0m田子の浦から富士山山頂へ(村山古道を歩く)その3 (2017/08/24-25)

3日目は富士宮口ルート六合目の雲海荘へ宿泊。ネットで家族的な雰囲気と書いてあったので…。

家族で運営してる感じで、奥さんや娘さんなど優しい人でした。3人部屋を1人利用。で大の字になって寝ました。
夕食はカレーで、朝食は作ってある弁当で、富士山全体に言えることなのか?北アルプスの有名な山小屋に比べると…。
でもとても親切にしていただきました。具体的なこと書くと雲海荘さんへご迷惑かけるので略です。

天気も良く、夕焼け・朝焼けを楽しみました。


c0346710_05004660.jpg夕食の時間近くになると影富士が…。
雲海荘おかみさんに「影富士が出てます」と言うと、食事中の人も含め皆さん外に出て鑑賞。


c0346710_05005982.jpg西側を見るとUFO雲が浮かんでます。


c0346710_05010300.jpg早朝の富士市市街。

左側の海岸から2日、約36.5km歩き標高約2,500mまで登ってきた。


c0346710_05010637.jpg8/25早朝。

奥の山は箱根と教えていただいた。

春に登った十国峠もこの何処か。


c0346710_05011713.jpg
宝永山の盛り上がりが見えます。

御来光はイマイチでした。


c0346710_05012152.jpgピンク色の駿河湾。


c0346710_05012555.jpg宿泊した雲海荘。


c0346710_05012833.jpg昨晩、影富士が見えましたが、翌日朝には反対側に影富士が…。

ここまで来るの大変でしたが、良いことあります。 ラッキー!!


c0346710_05013233.jpg望遠レンズを持って来なかったので分かりにくいですが、三浦半島そして江ノ島が見えます。


c0346710_05013729.jpg左奥が大島で、中央奥が伊豆半島だと教えていただきました。
と言うことは一番高いところが天城山だ。



[PR]

by marusan003 | 2017-08-30 21:00 | Comments(0)
2017年 08月 29日

海抜0m田子の浦から富士山山頂へ(村山古道を歩く)その2 (2017/08/24)

2日目:(8/24)村上浅間神社-(村上古道)-富士宮口ルート6合目 ホテル花の湯-(タクシー¥2,500:コンビニ食料等調達)-村山浅間神社-(以後徒歩)-(村山古道ルート)-天照教社林道交差点-富士山麓山の村(水補給)-富士山スカイライン下-富士山スカイライン上-富士宮口6合目(雲海荘泊)

2日目歩荷(出発時):約14kg
歩行距離:約16km
歩行時間:8H12M(1.9km/h)
タフ度:3(後半へばりました)
危険度:1


c0346710_19440497.jpg
コンビニで朝・昼の食料を買い村山浅間神社へタクシーにて移動。

運転手さんが撮影ポイントで車を止めてくれましたm(_ _)m





c0346710_19441829.jpg村山浅間神社。

階段に座り朝食。靴のひもを締めGPSを入れてスタート。


c0346710_20493303.jpg江戸時代の村山古道な感じしません?


c0346710_19443199.jpgしばらく車道を通り何軒かの家を通り、いよいよここから村山古道です。

石畳はここから少しだけで、後は山道でした。



c0346710_19443986.jpg途中、富士山が見えました(^_^)/


c0346710_19445079.jpgところどころ倒木のある山道ですが、ある程度整備されてるので難路ではないです。


c0346710_19450134.jpg左が古道のようですが、歩きにくいので林へ上がり道から外れないように。

ですが、1ヶ所外れてしまい10~20分程度ロス。

ヤブ漕ぎや難路はありませんが、GPSデータを入手し、標識を見ながら歩いた方が良いです。

富士山麓山の村まで人には出会いませんでした。
熊も出るとかネットに書いてたので鈴を鳴らしながら歩きました。


c0346710_19450900.jpg富士山麓山の村。
8月頭に行かれたYさんから富士山麓山の村に自動販売機が有ったと情報いただいていたm(_ _)mのでそれを楽しみに歩く。

大学生が合宿してました。

KIRINの自動販売機が見えますよね。

水場がありキャンプ場の人がいましたので、水を使っても良いかと聞くとお湯の蛇口もあるので使いなさいと。
顔と身体を拭かさせていただきましたm(_ _)m

注:自動販売機が壊れてるとか水が使えないかもしれませんので、あくまでも水系は余裕を持って歩かれてください。



c0346710_19451722.jpg苔むした素敵なところ。


c0346710_19452938.jpg


c0346710_19454219.jpg富士山スカイライン下側を横切る。


c0346710_19455443.jpg大学生が走ってました。

どこからどこまで走るのだろう? 好きだね~! 人のことは言えないけど^^;


c0346710_19460557.jpg富士山スカイライン上側を横切る。

ここから先、そう勾配がきついわけではなかったですがへばってしまいしばしば呼吸を整えるためストップ。


c0346710_19461482.jpg何とか2日目目的地である富士ノ宮口ルート六合目の雲海荘へ到着。雲海荘泊。

2日目村山古道の感想。
道は難路ではなく、勾配も思いの外無かったです。
ただ道中長く、間違いやすいところ多々ありますので、GPSデータを入手し、標識を見落とさないよう歩く必要があると思います。




[PR]

by marusan003 | 2017-08-29 21:00 | Comments(0)
2017年 08月 27日

海抜0m田子の浦から富士山山頂へ(村山古道を歩く)その1 (2017/08/23-26)

富士山。日本最高峰の山ですが私は全く興味がなく「富士山は見る山で登る山ではない」と…。

ところがS先輩から村上古道を0mから山頂へ行く方法があると教えていただき資料をいただきました。
田子の浦の0mから登ることができる。それだったらチャレンジしても良い!と俄然やる気満々。
昨年準備し山友達5名と計画。ですが、予定日・予備日とも雨で断念しました。

今年こそは!と準備をし、前日に切符を買ったところで母が病気とディーサービスから電話。
やむなく断念し4名で歩いてもらいました。自分が中心で計画しておきながら…。

そんなこんなでしたが、8月末に富山方面の山を計画してましたが、北陸地方の予報が良く無く…。
それではと富士山山行へ予定を切替ました。

海抜0mから高低差3776mの一人旅!

1日目:(8/23)田子の浦-村山浅間神社
広島駅-(のぞみ)-名古屋駅-(ひかり)-静岡駅-(普通)-吉原駅-(タクシー¥850)-田子の浦-(以後徒歩)-富士塚-吉原市街-村山浅間神社-(タクシー¥2,420)-ホテル花の湯(泊)

2日目:(8/24)村上浅間神社-(村上古道)-富士宮口ルート6合目
ホテル花の湯-(タクシー:コンビニ食料等調達¥2,500)-村山浅間神社-(以後徒歩)-(村山古道ルート)-天照教社林道交差点-富士山麓山の村(水補給)-富士山スカイライン下-富士山スカイライン上-富士宮口6合目(雲海荘泊)

3日目(8/25) 富士宮口6合目-富士山山頂
富士宮口六合目一火口縁-宝永第一火口-宝永山-宝永山馬ノ背- 御殿場口六合目-御殿場口七合目-御殿場口七合四勺・わらじ館-御殿場口七合五勺・砂走館- 御殿場口七合九勺・赤岩八合館-御殿場口八合目-御殿場口頂上-富士山山頂-(お鉢巡り時計周り)-富士吉田口頂上-御殿場口頂上(頂上富士館泊)

4日目(8/26) 頂上富士館-御殿場口(御殿場口頂上-富士吉田口間強風のためルート変更)
御殿場口頂上-御殿場口下り六合-宝永山馬ノ背(強風のため突破不可。御殿場ルートへ変更)- 御殿場ルート(下山道・大砂走り)-大石茶屋-御殿場口新五合目-以下バスにて水ヶ塚公園経由で新富士駅-以下、(こだま)-新大阪駅-(ひかり)-広島駅

以下1日目です。

登山日:2017/08/23-26
参加者:孤高の人
1日目(8/23)
歩荷(出発時):約14.5kg
歩行距離:約20.5km
歩行時間:5H06M(4km/h)
タフ度:3(舗装道を延々と暑くて)
危険度:1

c0346710_18453768.jpg静岡駅からJR東海普通電車にて移動。

富士山が見えました。 よっしゃー頑張るぞ~(^_^)/


c0346710_18454805.jpg吉原駅からタクシーに乗り富士塚先にある海へ行ってもらうようたのむ。

思ってたところより1km弱先で下車。


c0346710_18461480.jpg波打ち際まで歩き、靴を海水に浸け、海水を少し飲んでから高低差3,776mスタート!

村上浅間神社までは舗装された車道ですからボロスポーツシューズで歩きました。


c0346710_18462289.jpg富士塚。

江戸時代の富士講は海水で身を清め、富士へ石を積み安全祈願をしスタートしたとか。

富士塚の先に本来富士山が見えるのでは?

電車の中では富士山見えてましたが、雲に隠れてしまいました。







c0346710_18463454.jpg道中、とにかく暑くて暑くて、コンビニ2ヶ所、スーパー1ヶ所で水系補修と身体を冷やし?歩き続けました。

写真なんか撮ってる余裕は無く、富士塚-村山前言神社間の写真は無しですm(_ _)m

村山浅間神社到着後タクシーを呼びホテル花の湯へ。花の湯泊。




[PR]

by marusan003 | 2017-08-27 06:20 | Comments(0)