まるさん徒歩PHOTO 3:SLやまぐち号・山風景など…。 (2015~)

marusan003.exblog.jp
ブログトップ

タグ:風景 ( 125 ) タグの人気記事


2017年 07月 26日

白馬岳を歩いて:2日目(白馬山荘-白馬岳山頂間散策) (2017/07/18-21)

白馬山荘へは11時前に到着。
宿泊受付は11時からなのでレストランでビールと肉丼を食べ山頂までのお花畑を散策し、落日を待ちました。



c0346710_05255496.jpg山頂までのルート。


c0346710_05260062.jpg


c0346710_05265138.jpg白馬岳山頂


c0346710_05260571.jpgお花畑。


c0346710_05261335.jpgウルップソウ。

ウルップソウに花が咲いてる・光が当たってる、背景に山がある。

そんな条件が揃ったウルップソウを探し徘徊しました。


c0346710_05262418.jpg


c0346710_05263161.jpg


c0346710_05263550.jpg


c0346710_05263848.jpg今年は2週間ほど開花が遅れてるらしい。

良い感じのウルップソウはあっても開花がイマイチのが多く…。


c0346710_05264224.jpg


c0346710_05264619.jpg


c0346710_05265533.jpg頭の中は「ウルップソウ。ウルップソウ。」


c0346710_05270295.jpg17時から夕食なので一度白馬山荘へ戻り夕食を取る。

料理はまあまあでした。


c0346710_05270611.jpg夕食後、落日・夕焼けを期待し小屋を出る。


c0346710_05271068.jpg上の写真右側で雲に隠れていた剱岳・大日岳・立山が見えてきた。


c0346710_05271334.jpg雲の中への落日。


c0346710_05271676.jpg夕焼けはイマイチです。


c0346710_05272030.jpg右から剱岳・大日岳そして立山。

剱岳・大日岳はまだ未踏。

今度行くから待ってて!!


c0346710_05272205.jpg夕焼けに浮かぶ旭岳


c0346710_05272573.jpg


c0346710_05272754.jpg立山連峰をバックに



[PR]

by marusan003 | 2017-07-26 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 25日

白馬岳を歩いて:2日目(白馬尻-白馬山荘間) (2017/07/18-21)

白馬岳2日目のブログを作り始めた今、外は雨。

「梅雨明け10日間!」と言う言葉は昨今の地球温暖化で死語?

そう考えると白馬岳2日目、晴天の中日本一の大雪渓を登ることができとてもラッキーだったのかもしれない。

白馬尻小屋-大雪渓-葱平(お花畑)-小雪渓-避難小屋-白馬岳頂上宿舎-白馬山荘-白馬岳山頂及び白馬山荘周辺のお花畑を散策(白馬山荘泊)

登山日:2017/07/19(7/18-21)
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約14.5kg
歩行距離:約5km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:2
危険度:3(落石がありました)
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):70点
※視界・晴れ間等。


c0346710_11360733.jpg白馬尻小屋から御来光を仰ぐ。

御来光を撮影後、小屋にて朝食。水等を補給し登山開始。


c0346710_11361578.jpg白馬尻から白馬岳方面を望む。

大雪渓上部は左側尾根に隠れてます。


c0346710_11363769.jpg白馬尻小屋から約20分程度で大雪渓最下部へ到着。

6本爪アイゼンを装着し雪渓へ入る。

今年の大雪渓は雪が多いらしい。
来週からの夏山登山本番前に、空いてる大雪渓を写真やビデオを撮りながらのんびり?と登りました。


c0346710_11364411.jpgガス(雲)も段々少なくなり白い雪渓と緑の山肌、青い青空。

前日、下山者の話しでは吹雪いて大変だったそうです。


c0346710_11365340.jpg杓子岳(左)側からコロコロと落石が発生。左前方を見ながら登る。

若い人は登るのが早くてついていけませんがマイペース(^_^)/


c0346710_11370032.jpg大雪渓から葱平へ取り付くところはロープで迂回を指示されてました。

右側中の岩部にて一度アイゼンを外し、花畑の岩稜を登る。

途中、上部から「ラク!」と大きな叫び越え。
10mほど横を直径50cmぐらいの石が飛び跳ねながら落ちていきました。

下部には20名ほどのツアーパーティが登っており「ラク!ラク!」と叫び続けた。
幸いにも石は途中で止まってくれ安堵。
※「ラク」とは落石があった時、周囲の登山へ知らせる合い言葉です。



c0346710_11370808.jpg登ってきた大雪渓を返り見る。

登山シーズンには数珠つなぎになるとか…。


c0346710_11371598.jpgお花畑で撮影しながら。 雪渓より暑くて暑くて…。


c0346710_11372324.jpg


c0346710_11373150.jpg小雪渓をトラバース。

アイゼン装着の指示がされてました。
再度6本爪アイゼンを着け横断。

数日前ここで滑落死亡事故があったと聞きました。


c0346710_11373971.jpgピークに見えるのが村営白馬岳頂上宿舎。


c0346710_11374744.jpg


c0346710_11380849.jpg


c0346710_11381665.jpg


c0346710_11382813.jpg


c0346710_11383824.jpg梅雨が明けるか分からない時期に計画したのはウルップソウに会いたかったから。


c0346710_11391432.jpg八ヶ岳で初めて会ったウルップソウ。
その時はうまく撮影できなく。 今回こそは!!


c0346710_11393141.jpg


c0346710_11394127.jpg


c0346710_11395361.jpg


c0346710_11400870.jpg本日宿泊予定の白馬山荘。

日本一の山小屋とか、確かに燕山荘より槍ヶ岳山荘よりもはるかにでかくその大きさにビックリ。




c0346710_11401896.jpg


c0346710_11404284.jpgレストランスカイプラザ白馬でビールにて登頂乾杯(^_^)/
訂正:山頂へはこれからです^^;


宿泊手続き後山頂へ。カメラだけの空身でしたがビール飲んだ影響で一番きつい登りとなりました^^;




[PR]

by marusan003 | 2017-07-25 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 24日

白馬岳を歩いて:1日目 (2017/07/18-21)


40数年前、北アルプス3度目として白馬岳を計画し4名で行くことにしていたが、わたしが風邪を引き3名で行ってもらった。
それから長い年月が経ってしまった(;_;)
昨年、術後の目標のひとつとして白馬岳を計画したが雨で断念。

今年こそは! ですが今年も不安定な梅雨にヤキモキ。
行くのであれば残雪の多い時期、そしてウルップソウに会いたい。
そう考えると他の用事等も有り行けるのは7/18か19出発。何とか2日間天気になってくれ!
そんなこんなでしたが出発数日前天気予報から7/18出発を決め山小屋手配とJR切符を購入。

当日朝、家を出るとポツポツと雨。レインウエア出すのも面倒なので急ぎ駅まで歩くと雨が段々強くなり、新幹線に乗ると土砂降り。名古屋で臨時特急へ乗り白馬駅から猿倉までバスにて移動。

猿倉へ着き歩き始めるとポツポツと雨が降りだしたが、歩いてると雨は止み白馬尻到着。やれやれやっと白馬大雪渓下に到着です(^_^)/

白馬尻山荘泊。


登山日:2017/07/18(18-21)
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約13.5kg
歩行距離:約2.5km(1日目:猿倉-白馬尻間)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):30点
※視界・晴れ間等。


c0346710_17365122.jpg猿倉山荘。ここから白馬尻へと歩く。


c0346710_17370654.jpg


c0346710_17371294.jpgこの花は??
道中沢山見かけました。

サンカヨウとは違うと思う…。

その後調べてみるにサンカヨウのような。
大万木山で見たサンカヨウより大きく感じます。



c0346710_17371520.jpgキヌガサソウ。

今回覚えた花です。
大きな花でした。


c0346710_17371969.jpg


c0346710_17374999.jpg白馬尻より大雪渓を望む。

今年は雪が多いようです。


c0346710_17375393.jpg


c0346710_17380316.jpgこの日、夕食テーブルに着いていた登山者は約30名でした。

ビールをと思ってましたが、斜め前の方がワインを飲まれてました。
¥450とのことで私も購入(^_^)/


c0346710_17380838.jpg8人部屋と思われる部屋に私一人。

横に布団を敷きノンビリモードで19時前には寝てました。


c0346710_17381253.jpg19時前から寝れば当然夜中に目が覚める。 今日の空模様は?
と外へ出ると満天の星。

広島のど真ん中?へ住んでる身には見たことのない星の数々。 これ撮影できない?

星空なんて撮影したことも無く、頭も回らない夜中に「どうしたもんじゃろー??」

小屋外に有るテーブルにカメラを真上に向けセルフタイマーで撮影。

努力だけ買って下さい^^;


c0346710_17381425.jpg今度はレンズ下に石を置き角度を付け白馬岳と大雪渓に浮かぶ星空を撮影。

少しぶれてますが、三脚などの機材無しですので写っただけでもヨシです^^;








[PR]

by marusan003 | 2017-07-24 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 16日

矢筈山・風師山を歩いて(2017/07/15)


INK会7月例会で、北九州市門司区の矢筈山・風師山を歩いてきました。

暑い一日で、なかなか撮影に気合いが入りませんでした^^;

小森江子供のもり公園P-登山口-矢筈山山頂-奥田峠分岐-風師山南峰-風師山山頂(二等三角点)-風頭岩峰(昼食)-清滝公園上(トイレ)-風師山登山口-門司港レトロ地区ミニ観光-(タクシー移動)-小森江子供のもり公園P

登山日:2017/07/15
参加者:4名
歩荷(出発時):約10kg
歩行距離:約8km
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:2
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):30点
※視界・晴れ間等。


c0346710_21245121.jpg矢筈山展望台


c0346710_21245660.jpg風頭岩峰より関門大橋を望む。




[PR]

by marusan003 | 2017-07-16 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 14日

【定点撮影】夕焼け(2017/07/14)


今日も暑いですね~!

夕陽が撮影可能なコントラストだったので毎度ですがカメラを向けました。



c0346710_19345540.jpg
X-T2+XF100-400カメラ内現像スダンダート

※こんな撮影で露出が暴れるのが残念。
 比較して何ですがCANON機ではほぼ無いです。






[PR]

by marusan003 | 2017-07-14 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 13日

【定点撮影】夕焼けの大茶臼山(2017/07/13)


写真アップが滞ってますm(_ _)m

雨天・曇天の撮影はなかなか難しいです。

先日、雨上がりの牛田山を訓練歩きしてきましたが、汗で全身びしょ濡れ。
汗が足を伝って靴の中まで入る状態でした。

訓練にはなりました^^;


久しぶりの夕焼け撮影です。


c0346710_19500127.jpg




[PR]

by marusan003 | 2017-07-13 19:55 | Comments(0)
2017年 07月 09日

【西中国山地】苅尾山(臥龍山)・掛津山(掛頭山)をYouTubeへアップ(2017/07/03)



苅尾山(臥龍山)・掛津山(掛頭山)を歩きながら撮影しましたm(_ _)m





[PR]

by marusan003 | 2017-07-09 21:00 | Comments(0)
2017年 07月 05日

【西中国山地】苅尾山(臥龍山)・掛津山(掛頭山)を歩いて(2017/07/03)


急に台風が現れ梅雨前線が刺激され少雨予報が一変。
広島県北部など豪雨、そして大分県・福岡県など豪雨が続いてます。
豪雨被害にあわれた方へお見舞い申し上げます。

7月は少雨予報でしたが急な?台風で、今年の梅雨明けはどうなるのでしょうか!

そんな梅雨のつかの間、台風前にS先輩と臥龍山・掛頭山を歩いてきました。

冬の臥龍山は何度か歩いたことありますが夏は初めてです。
猛暑の中の山歩きを想像してましたが、気温も思いの外高くなく台風影響でしょうか風もありこの時期としては楽な?山歩きでブナの大木に癒やされ有意義な山歩きでした。

コース
かりお茶屋駐車場-(ウマゴヤ谷)-雪霊水(林道終点)-苅尾山(臥龍山)-1123.4m-猿木峠-掛津山(掛頭山)-掛頭の肩-土草峠-二川キャンプ場-かりお茶屋駐車場

参加者:2名
歩荷(出発時):約14.5kg
歩行距離:約11.5km
歩行時間:4H45M(2.4km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):40点
※視界・晴れ間等。




c0346710_10084888.jpgウマゴヤ谷を臥龍山へと。


c0346710_10085987.jpg雪霊水までのウマゴヤ谷はブナの大木が沢山。

ブナの木はこころ癒やされます(^_^)/


c0346710_10090360.jpg


c0346710_10090753.jpg


c0346710_10091320.jpg


c0346710_10091766.jpg雪霊水


c0346710_10092071.jpg臥龍山山頂


c0346710_10092408.jpg掛頭山山頂


c0346710_10092833.jpg掛頭山スキーゲレンデより東側集落を望む。


c0346710_04331892.jpgここにもタコブナがありました。

フルサイズ換算28mmでは入りきれません^^;


c0346710_10093503.jpg二川キャンプ場-かりお茶屋駐車場間



[PR]

by marusan003 | 2017-07-05 18:47 | Comments(0)
2017年 07月 02日

【定点撮影】暑いですね~!(2017/07/02)


暑いですね~!

7月雨量は少なめ予想になりました。

梅雨明けが早いのかな? 空には入道雲が!

暑さに負けず熱中症にならない範囲で山歩きなど楽しみましょう(^_^)/



c0346710_17470263.jpg



[PR]

by marusan003 | 2017-07-02 17:52 | Comments(0)
2017年 06月 27日

20年前のビデオを…。


梅雨でネタ切れです^^;

20年前にスイス・ツエルマットへ行った時のビデオを編集中で、その一部です。






[PR]

by marusan003 | 2017-06-27 21:00 | Comments(0)