まるさん徒歩PHOTO 3:SLやまぐち号・山風景など…。 (2015~)

marusan003.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 14日

[山]2日連続宮島弥山(2018/07/11)


「平成30年7月豪雨」の捜索活動をされてる方から情報をいただきました。
街中は日常ですが、山の中は変わり果てるとのことした。
私も含め十分気をつけて安全第一で登る山、ルートを考える必要がありますね。

-----
TVで坂町小屋浦地区の災害が報道された。
小屋浦-二艘木は年に何度か歩く。
小屋浦駅から東に歩き、川沿いにある町並みを登り、広島呉道路をくぐり砂防ダムへの取り付きを右に登り砂防ダムを左に見ながら抜け二艘木へと登る。
その砂防ダムが決壊したとのこと。
ドローンだろうか上空から見える小屋浦地区は目を覆いたくなるほど。
お見舞い申し上げます。

-----
暑さ訓練、1日だけでは訓練にならないと2日連続を計画。
結局、昨日歩いた弥山が豪雨の被害も無かったので2連続宮島弥山を歩いた。

さすがに同じ山へ2連チャンは朝起きるときたいぎかった。
広島市内ではもやった天気であったが宮島へ近づくと結構良い天気となり気をよくし乗船。
昨日は博打尾ルートを登り大元公園ルートを降りたが、今回は紅葉谷ルートを登り大聖院ルートを降りた。

紅葉谷ルートは3カ所ほど地割れなどがあり入らないよう黄色テープが張られたりしていたが登山に支障は無かったが蒸し風呂な登山道を登る。
山頂展望台にて管理人のおばさんと今回の豪雨災害の話などをし、大聖院ルートを降りた。
大聖院ルートは過去大規模な土石流があったが、今回は見える範囲被害は見受けなかった。
階段を降りていると白人のおねえさんが短パンスタイルで登ってきた。
そして話しかけられました。 英語のようだが理解できない。
雰囲気から上までまだあるか?な感じ。
昨日と同じく腕時計のPROTREK高度表示を見せた。
ディス ワン・ナイン・ゼロメートル
トップ ファイブ・スリー・ゼロメートル(正確には535m)
と説明?すると。
オッケー サンキュー! バイバイ!と登り始められた。

山で出会うと。おはようございます! こんにちは!と挨拶するのが当たり前だが、最近こちらから挨拶しても返事もしない登山客が時々いる。
逆に海外の方の方が、いつも笑顔で挨拶してくれたり。こんにちは!と言ってくれる。

山だけで無くマンションのエレベーターとかでもそうだ。おもてなし日本とか言うけど最近の日本人は個人主義で挨拶も忘れた人が多いように思う。

しかし山で私が外人に話しかけられることが多いのは何故だろう。

話が長くなりましたm(_ _)m


登山日:2018/07/11
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約14.5kg
歩行距離:約17.5km
歩行時間:3H06M(2.4km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:3(とにかく暑い)
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):70点
※視界・晴れ間等。
ザック内カメラ機材:FUJIFILM X-T2+XF18-55+XF50-140+EX1.4


c0346710_13245956.jpg

JR宮島桟橋。
大鳥居と駒ヶ林・前峠山が青空の下にくっきり。


c0346710_13250548.jpg

宮島から本土側を望む。


c0346710_14140953.jpg

豪雨の影響もあってか今日も宮島は観光客が少ない。
この大鳥居は痛みがはげしく来年6月から1年2ヶ月かけて改修するようです。
朱色も塗り替えるでしょうから再来年夏以降が楽しみです。



c0346710_13251274.jpg
厳島神社と駒ヶ林など。

c0346710_13252093.jpg


c0346710_13252604.jpg

弥山山頂。
今日は青空と白い雲がきれいだ。

c0346710_13252996.jpg

弥山山頂より大竹方面。




[PR]

by marusan003 | 2018-07-14 21:00 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< [定点撮影]広島の夕焼け(20...      [山]宮島弥山(2018/07... >>