まるさん徒歩PHOTO 3:SLやまぐち号・山風景など…。 (2015~)

marusan003.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 30日

SLやまぐち号Vol.134その1(2018/4/28)


2018SLやまぐち号運行開始から1ヶ月遅れでやっと撮影に出かけた。

当日okamさんにピックアップしてもらい往路・復路とも俯瞰で撮影を楽しんだ。

ファーストランに合わせサブ機としてCANON EOS Kiss Mを購入したが、本格的には使わず仕舞いでした。

Kiss Mの機能など他機との比較できるほど撮影はしてません。が、まずファインダーを覗いた時に自然な写りのEVFに驚いた。
操作も慣れると使いやすく、さすがCanon本気モードのミラーレスだ。と感じた。
今回はマウントアダプターをかましEF70-200F2.8L2で液晶画面およびIphoneからタッチAFでシャッターを押した。
やはりタッチAFは便利。
Kiss Mは80D並の画質とか。1DX2のサブ機として、置きピンやワンショットとかで撮影するのでそれで十分。

SLやまぐち号は1DX2とKiss Mで写真、X-T2はビデオ。
山歩きはX-T2で写真とビデオ。
鳥撮影は1DX2で写真、X-T2はビデオ。

当面そんな使い方でしょう。canonのフルサイズミラーレスが出れば値段とか性能とかで考えていこうと。

Kiss Mはc-rawという新しいrawファイルになり、現像ソフトとして使用してるシルキーピックスがまだ未対応なため今回はcanon純正のDPPで現像レタッチした。

前置きが長くなりました^^;

往路。
カメラが1台増え、3マウント構成となり荷がさらに重くなり出発時約24Kgはさすがに重かった。

この俯瞰へは1年半ぶりに代かき狙いでやってきたが、今年は田植え作業が遅いのか水の入った水田が少なかった。
その上、薄煙、汽笛無し、ドレーン無しでやれやれです。

昨年度のデスティネーションといい最近の薄煙にはガッカリだ。

どうも一時的なことでは無いように思う。

1.石炭を変更 :石炭を無煙炭とかへ変更したとか。
2.節約    :むやみに煙やドレーン出すなとのお達しが出たとか。
3.苦情対策  :煙や汽笛に対し周辺住民から苦情が出てるとか。
4.鉄ちゃん対策:JR西は鉄ちゃんが嫌いとか。

こんなことを想像します。
真相は知るよしも無しですが、4ではないことを願いますm(_ _)m

D51 200のあの間の抜けたような汽笛はどうなんでしょう?
蒸気機関車の汽笛を聞いて育ちましたが、あんな変な汽笛を聞いた記憶がありません。

すみません。久しぶりのSLやまぐち号投稿に愚痴が多いですね(;_;)

c0346710_11484823.jpg
右上をSLやまぐち号が走ってます。はぁ~!
※カメラEOS Kiss M+マウントアダプター+EF70-200F2.8L2


c0346710_11492343.jpg
※以下カメラEOS 1DX2+EX1.4Ⅲ+EF300F2.8L2


c0346710_11492955.jpg



[PR]

by marusan003 | 2018-04-30 17:53 | Comments(2)
2018年 04月 23日

牛田山馬蹄形訓練歩き(2018/04/23)

この日、他の山を考えていたが結局近場の牛田山馬蹄形を歩いた。

歩荷14kgストック無しで歩いたが、二葉山までの登り身体がだるく、尾長山からの歩きもなかなかペースが上がらなかった。
牛田山山頂で1本休憩を取り記録写真だけですませ降りることに。

下りはやっぱり楽だ! 小走りもしながら降りる。 人生 下り坂 最高!(^_^)/

コース:
某所-6:18饒津神社-6:40二葉山(仏舎利塔)-6:40天神峠-6:58尾長山-7:48牛田山(1本)7:53-8:07神田山-8:23見立山-8:30牛田旭登山口ー某所


登山日:2018/04/23
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約14kg
歩行距離:約9.6km
歩行時間:2H52M(3.3km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):30点
※視界・晴れ間等。
ザック内カメラ機材:FUJIFILM X-T2+XF18-55


c0346710_12153673.jpg
※牛田山山頂




[PR]

by marusan003 | 2018-04-23 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 21日

東京日帰り(2018/04)


所用があり新幹線にて東京日帰りしました。

今回は遊びでなくカメラは持っていかずスマホからの写真です。(レタッチしてます)


c0346710_06152352.jpg
御茶ノ水駅。出張で乗り替えしたことはありますが、駅舎を見るのは初めて。


c0346710_06152794.jpg
熱海手前から富士山。
往路はガスがかかってまったくだめ。
復路は熱海手前で何とか撮影。熱海を過ぎると曇った天気で、願っていた田子の浦付近からはガスがかかってました。


c0346710_06153074.jpg
日本100名山伊吹山。
何時か登りたい!






[PR]

by marusan003 | 2018-04-21 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 19日

広島南アルプス縦走(2018/04/18)


Sさんから広島南アルプスを大町駅から五日市まで歩いたと連絡があった。
広島南アルプスは八幡東小学校側へ降りると、バス便が悪く、何時も新井ノ口駅へ降りる。

五日市駅まで歩く!

その方法があったか~!!

と言うことで歩いてきました。当日は気温上昇予報。歩き不足もありカメラは入れず出発時8.5Kgでした。


登山日:2018/07/12
参加者:孤高の人
歩荷(出発時):約8.5kg
歩行距離:約22.6km
歩行時間:7H23M(3.1km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:3
危険度:1
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):50点
※視界・晴れ間等。


撮影はiphoneから3枚のみです(;_;)

c0346710_19545939.jpg
大町駅

c0346710_19550168.jpg
火山山頂

c0346710_19550357.jpg
鈴が峰西峰山頂





[PR]

by marusan003 | 2018-04-19 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 18日

[ビデオ]宮島三つ石尾根を降る(2018/04/13)



宮島三つ石尾根降る山行時ビデオも撮りました。

下記YouTubeへアップしましたので暇なおりにでも観て下さい(^_^)/


高画質な写真を求めてはいますが、ビデオも臨場感は捨てがたいですね。

歩く+写真撮影+ビデオと大変ですが、折角ですから1山行で3度楽しむ。グリコみたい(^_^)/

今後も可能な限り…。






[PR]

by marusan003 | 2018-04-18 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 16日

宮島三つ石尾根を降る(2018/04/13)

c0346710_02520108.jpg
※宮島弥山山頂と三つ石尾根(下)
(2018/01/06撮影)



宮島弥山は年何回かは登る。手軽で、登山者も多いので挨拶とかおしゃべりが楽しい、降りてから撮影とか焼き牡蠣で一杯とか楽しめる(^_^)/

弥山へ登る時、訓練も兼ね博奕尾尾根を登ることが多いが、最近どうも気になる岩がある。それが上の岩。
S山先輩にその尾根は三つ石尾根と教えていただいた。また山仲間から歩くルートがあることも聞いた。

歩きたい!

そう思ってから数ヶ月経ってしまった。
山仲間のYさんをお誘いしやっと念願の三つ石尾根へ入ることができた。

当日は、状況が分からないこともありスワミベルトとカラビナ・ロープをザックへ入れ。トラブル時用としてトレイルラン用の折りたたみストックをザックに入れ。
Yさんへ軽量化で行きましょうとメールしたが、結局12Kgで家を出た。これでも私にとっては近年に無い軽量化?

宮島桟橋から何時もの博奕尾尾根を登り、榧谷駅の下をくぐり、急登を登ったところで二景稜線道へ出るが、そこが三つ石尾根へ入るところ。この入り口にはテーピングが無く、そういう意味でも一般ルートでは無いのかな。
Yさんと1本(小休止)しい尾根ルートを降りた。
ルートはほぼ稜線上でところどころテーピングも有り迷うことは無かったが、肩まであるシダ漕ぎは大変だった。肩まであるヤブ漕ぎは倉橋島の古観音山以来だ。

気になった岩はこれだろうと思ったが、全体を眺めることはできず三つ石尾根だから岩が三つある?も確認はできなかった。

紅葉谷ルートへ近づくとシダ漕ぎから解放されたが、落ち葉の急坂を恐る恐る降りると久久能智の聖木へ出た。
紅葉谷にて昼食を取りYさんと四方山話をしながら宮島桟橋へ着いた。

Yさんご同行ありがとうございました。楽しかったです(^_^)/

このルートを登ろうとは決して思いませんが、また冬とか誰かを巻き込んでゆっくり景色見ながら降りたいと考えております。

コース:
宮島桟橋8:45-博奕尾尾根登山口8:53-(博奕尾尾根)-10:07榧谷駅(宮島ロープウエイ)-10:11三つ石尾根入口10:18-(三つ石尾根)-11:22久久能智の聖木11:26-11:31紅葉谷公園(昼食)11:57-12:22宮島桟橋

登山日:2018/04/13
参加者:2名
歩荷(出発時):約12kg
歩行距離:約6.2km
歩行時間:3H37M(1.7km/h)
※GPSデータ必要な方は個別対応。
タフ度:1(登りだったら4ぐらいでしょうか)
危険度:2
※5段階評価。歩いたコース・季節・天候による個人的な感想です。
撮影条件(気象):60点
※視界・晴れ間等。
ザック内カメラ機材:FUJIFILM X-T2+XF18-55


c0346710_02522593.jpg
左が博奕尾尾根で、リフトがある谷の右側が三つ石尾根。
※JR宮島航路船にて
今回は博奕尾尾根を登り、三つ石尾根を降り紅葉谷公園へと出た。


c0346710_02522858.jpg
少し左のピークを右へ下がるのが三つ石尾根。
※博奕尾尾根にて


c0346710_02523182.jpg
三つ石尾根への入り口。
ここを登るとすぐ岩がありそこを右へ、そして稜線上を歩く。


c0346710_02523433.jpg
どうもこれが私が何年も「あの岩は何だ?」と考えていた岩。多分(^_^)/


c0346710_02523707.jpg
木々が多いが景色の良いルートだ。


c0346710_02524019.jpg
こんなシダ漕ぎかかなり続く。
登りたいとは思わないし、暑い時期は入りたくない。


c0346710_02524351.jpg
テーピングはところどころあり迷うことは無いが、一般道で無いので木々が立ちはだかり倒木もところどころある。


c0346710_02524669.jpg
シダ漕ぎを抜けやれやれ気分を落ち葉の積もった急坂が気を引き締めてくれた^^;


c0346710_02524941.jpg
久久能智の聖木。(くくのち)と読むらしい。
宮島で一番美しい木だそうだ。まわりに木々があり綺麗な全体を撮影できなかったのが残念。


c0346710_02525130.jpg
帰りの宮島航路船内から。

これから宮島航路で見る楽しみが増えました(^_^)/






[PR]

by marusan003 | 2018-04-16 15:16 | Comments(0)
2018年 04月 14日

トビの抱卵(2018/04/12)



トビが抱卵してるところを撮すことができました。


c0346710_17372447.jpg




c0346710_17373408.jpg




[PR]

by marusan003 | 2018-04-14 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 13日

[ビデオ]宮島弥山 大聖院ルート四阿展望台(里見茶屋跡)2018/01/06


賞味期限切れのビデオネタです^^;


新春の宮島弥山を歩く。

階段が続く大聖院ルートを降りていくと、大鳥居・厳島神社・五重塔が見える絶景ポイントがある。

本土側からは逆光の弥山だが、弥山からの厳島神社や本土の風景は素晴らしく重い機材を担いで…。



[PR]

by marusan003 | 2018-04-13 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 12日

琴石山を歩く鉄ちゃん編(2018/04/08)


琴石山山頂からの撮影です。

本土側からは逆光なのでなかなかいいことにはなりません。


c0346710_18563019.jpg
柳井港駅-柳井駅間


c0346710_18560477.jpg
大畑駅と大島大橋。

c0346710_18561216.jpg
柳井港駅-柳井駅間



[PR]

by marusan003 | 2018-04-12 21:00 | Comments(0)
2018年 04月 11日

山ザックを追加購入(2018/04/05)


山歩きザックとしてはオスプレーの48Lと70Lを所有してますが、70Lは大きすぎて荷物入れと化してます。

汗かきなのでカメラはカメラ用ショルダーバッグに入れて山ザックへ。
なので48Lはいつもパンパン。

もう少し大きなザックが欲しい。
半年ほど品定めしましたが好日山荘10%ポイント期間を待ち購入しました。

購入したのはkarrimorのcougar55-75。
karrimor製品は初めて使います。

先日の琴石山へ初めて使ってみました。
横や後ろにポケットがありダウンやレインウエアなどの出し入れが便利。
両サイド下のポケットが大きくてミネラルウォーターなど入れても落ちにくい。

欠点としては
重たい(2,680g)
腰ベルトが硬い。(50L以上のザックはみな硬いですね。)


c0346710_17411581.jpg
オスプレー48Lではパンパンですが、シワができるほど余裕があり追加のレンズなど入れられます。
体力があればですが…。




c0346710_17423007.jpg



[PR]

by marusan003 | 2018-04-11 21:00 | Comments(0)